本文へスキップ

トーンファルベは鹿児島にある管楽器専門店です

電話でのお問い合わせはTEL. 099-296-7505

〒890-0042 鹿児島市薬師1丁目19-13

管楽器フェア

5月1日〜6月30日まで新入生歓迎管楽器フェア開催中〜〜!!

管楽器フェア

フルートには洋銀、総銀など材質で音色や価格も違ってきます。小学生〜中学生がまずフルートを始めるにあたり注意点がひとつあります。初めは安くてもいいので状態が良い楽器を使わないと音を出すにあたって出にくい音に出会った時に自分のせいなのか楽器が故障しているのか分からなく正しい奏法が身につきません。そこで私がオススメするのがこのヤマハYFL221です。なぜこの定価が6万円台のヤマハYFL221なのかというと・・・
この価格でこの品質はヤマハのフルート製作技術とノウハウを惜しみなく注ぎ込んだ楽器として素晴らしい仕上がりになっています。私もフルート奏者として多くの技術者の方達と接する機会がありますがその技術者の目から見てもこのYFL221はコストパフォーマンスの高い楽器と言われています。もっと安価なフルートもインターネット販売などで見かけますが調整、修理が必要な場合も多く、その金額が本体の値段にせまるような話がよくあります。また使用するうえで注意しないといけないポイントもあります。銀メッキ仕様のために拭き上げの際に研磨剤入りのクリーナーやクロスを使うとメッキが薄くなり表面がザラザラになり、とて も残念な状態になってしまいますので日頃のメインテナンスでも気をつけないといけません。

管楽器フェア

アルタス[TSモデル925]スターリングシルバー
パウエル[シグネチャー]C-foot B-foot


総銀製フルートについて
小学校〜中学校までYFL221(洋銀)でフルートを学び 高校になって本格的にフルートをと思われて方は是非、総銀製のフルートをオススメします。ある程度価格は高くなってしまいますがメッキ仕様のように表面がザラつくことは無く、総銀製フルートは一生モノです。
銀製品特有の黒い変色が使う人の汗の質などで起きる場合がありますが軽い研磨で新品のように復活します。現に私が所有しているアメリカのヘインズという楽器の中には100年ほど前のものもありますが、私の愛器のひとつとして今でも活躍しています。しっかりとした造りの総銀製のフルートを愛情込めて手入れし調整して、今も昔も変わらない状態をキープしつつ素晴らしい音を奏でてくれるこの喜び!!!
総銀製になるとどうしても高価になりますが、高い精度のハンドメイドタイプでその品質を考えると一生モノと呼べるにふさわしい楽器だと思います。

管楽器フェア

シグネチャーとは「証」。創始者であるVerne.Q.パウエルのサインを刻印し、パウエルフルート社のクオリティー・スタンダード〜品質基準〜を備えていることを証明しています。パウエルフルート社の伝統であるInnovation"革新"が成した傑作です。パウエルのクオリティースタンダード(品質基準)を備えたこのモデルはシグネチャー「証」モデルと名づけられ、Made in USAの彫刻とともにボストンのパウエルフルート社内で生産されたことを示しています。パウエルサウンド&抜群のイントネーションで世界中の奏者からの評価も高く、フルートを憧れの総銀にグレードアップしたい方に最もおすすめのモデルです。

管楽器フェア

管楽器フェア



ダウンロード

shop info店舗情報

管楽器フェア

shop info店舗情報

管楽器フェア

shop info店舗情報

若原楽器xトーンファルベコラボ企画 弦の張り替え

shop info店舗情報

オリジナルユニフォーム作成

shop info店舗情報

トーンファルベ

Shop Open
平日 10:00〜19:00 
日祝 10:00〜18:00  
定休日 水曜日

〒890-0042  
鹿児島市薬師1丁目19-13  
TEL 099-296-7505  
FAX 099-296-7506